2007年8月23日 (木)

第2種ME技術実力検定試験

コンピュータ関連が本来の業務なのだが教育学部出身のこともあり,指導などは苦手ではない。現在も専門学校で電気関係を中心に物理分野の講義を行っている。
この時期は夏休みで通常の講義は休みになるが,9月9日に行われる第2種ME技術実力検定試験のための対策講座が今日から始まった。私の担当日は4日あるが,そのうち今日を含めた3日は午前午後とも連続の講義となる。聞く方も大変だろうが,喋りっぱなしとなる私も結構しんどい。
「ゆとり教育」などという教師の手抜き授業を受けてきた学生に共通して見られるのは,何でも覚えてしまおうとすることだ。とにかく過去問題を覚えて,確かこの問題の答えはこれだというスタイルだ。文型科目ならそれで事足りるだろうが,応用力を問われる理系科目では無理がある。私の講義では問題解決の基礎から叩き込むつもりだ。
これまで類似問題を繰り返し出題している出題者の側にも問題はある。医療分野においては教科書で取り上げられるような症例に接することがどれほどあるのだろうか。様々な状況に臨機応変に対応できる人材が必要とされているはずなのに,応用力を多く問わないのが理解できない。この分野に限ったことではなくが,出題者の意識から変えていく必要があるのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

情報処理技術者試験(結果)

4月15日に情報処理技術者試験を一緒に受験した知人から結果はどうだったかとメールがあった。そうだ,今月10日頃発表というのをすっかり忘れていた。結果を照会するには,受験番号と成績照会のパスワードが必要になる。

受験票と一緒にしまってあったはずだが,さあどこにあるのだろう・・・・

確かこのあたりにとか言いながら家中を探し始めた。

問題は午前・午後Ⅰ・午後Ⅱの3つに分かれ,それぞれ800満点中600点が必要らしい。午前の結果が600点に満たなければ午後Ⅰ・Ⅱは採点もされない。午前をクリアしても午後Ⅰが600点に満たなければ午後Ⅱが採点されないという足切り式だそうだ。

ようやく見つけたパスワードでログインしてみると,あら・・・・

午前:630点   午後Ⅰ:630点   午後Ⅱ:685点

崖っぷちを駆け抜けちゃったようだ・・・。

パソコンの黎明期から携わっている者としては、まったく自慢できるような結果ではないなぁ。運がよかっただけかな。まあ良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月15日 (日)

情報処理技術者試験

今日は情報処理技術者試験(エンベデッドシステム)の受験のために名城大学へ行きました。コンピュータシステムに携わって20年になるが,資格がなくても仕事としてこなしていけるので資格等には無縁でした。今回は知人の付き合いで受験することになりました。

試験場となった教室は,さほど大きくないが,5人掛けの長机でその真中に座らせれてしまった。これでは左右のどちらかの人が出て行かない限り,試験終了まで居残っていなければならない(結局,試験終了時間まで居座ることになった)。

試験は午前に知識,午後から事例問題の構成だが,勉強したのは年度末の業務が片付いてからの実質1ヶ月。これまで実務で詰め込んだ情報頼りの出たとこ勝負になってしまった。

結果が分かるのは,6月10日頃らしい・・・

受験したことは忘れてしまおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)