2008年4月16日 (水)

何のサナギ? その5

羽化は突然始まった。羽化がこれほど急に起きるとは思わなかった。

Sanagi4 13時前に戻ったときにはこのサナギから抜け出して羽が開ききるのを待っている状態だった。

サナギから出てくるときから見ていたかった。

天気が崩れ始めて風が強くなったので,風に飛ばされないように踏ん張っている。

この段階では,まだ腹部がぷっくりと膨らんでおりスマートな感じがない。

Sanagi5 13時15分ごろになって風を避けやすい場所に移動した。

羽も少し広がったようだ。

この状態まで来ると羽の模様が分かるようになる。

どうやらアゲハの仲間のようだ。羽の模様から同定すると「アオスジアゲハ」に間違いないようだ。

特徴であるすじの青みはまだ表れていないが,羽が乾ききれば見えるようになるのだろうか。

観察していると少しづつ羽が広がっていく。時折り,おしりから体液を出しており,腹部も徐々に細くなっていくようだ。

Sanagi6_2 風を避けてまた移動したが,この位置が気に入ったようだ。

15時10分まで観察を続けたが,再び講義に出かけなければならない。湿度が上がったせいで羽の乾きが遅いようだ。飛んでいくまであと小一時間はかかりそうだ。

撮影を諦めこのままの様態で出かけることにした。

18時半ごろ戻ってくると,チョウは飛び去ってしまったようだ。その瞬間を見ることは出来なかったが,無事に羽化したことでホッとした。

反省点は幾つもあり,いい勉強になった。もし次回このような機会があれば,羽化を最後まで見届けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何のサナギ? その4

昨日まで大きな変化がなかったのでうかうかしていたのが失敗だった。

Sanagi3 今朝8時半頃見てみると,明らかに昨日までと色味が違っている。全体に黒味がかっている。サナギの中の幼生が縮んで殻との間に隙間ができているようだ。もしかしたら羽化が始まるのかもしれない。

しかし今日は講義のために出かけなければいけない。しかも間欠撮影用のソフトをインストールしたパソコンを持っていかねばならない。別のパソコンにインストールし直してもいいのだが,もうその時間がない。間欠撮影を自動で行う目論見も崩れてしまった。

昼過ぎには一度戻って来るので,それまで我慢してくれないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

何のサナギ? その3

結局,サナギを自宅ベランダに移してしまった。

Sanagi2 昨日結構な雨が降ったので思い切ってベランダに移した。車止めのネームプレートについていた糸ごと剥がし,糸の部分だけを割り箸に接着剤でくっつけた。当初,固定されていたのは糸だけでサナギがブラブラして不安定だった。ところが時間が経つと上部を支えている糸が縮んだようで,サナギが安定していた。自然とは良くしたものだ。

サナギを移動させたことや接着剤の溶媒などがどのように影響するか分からないが,無事羽化することを祈るばかりだが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

何のサナギ? その2

先日見つけたサナギは取り立てて大きな変化はない。

Sanagi1 とはいえ以前の画像と比較すると,中の幼生が大きくなりややサナギが膨らんだように見える。また腹部の節もはっきりしてきたような気がする。

なにせ車止めに付いているので,車が駐車していないときでないと観察できない。反面,車が屋根代わりになって雨を避けるには好都合だが,車がなければ剥き出しになる。羽化するときは鳥などに狙われやすく危険かもしれない。

自然に手を出すことには抵抗があるが,ここからベランダにでも移した方が良いのかもと迷っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

足羽川堤防桜並木 ライトアップ (福井市)

美味しい夕食の後,ホテルへに戻る前にライトアップされた桜並木を見に行った。

Asuwa6_2 

対岸から見ると川面に映える。

Asuwa7_3

  Asuwa8

少々寒いが,昼間にも劣らず人出も多い。

今日は終日晴れて気温が上がったせいだろうか,昼間より開花率が高くなった気がする。ライトアップのおかげかもしれないが・・・

Asuwa9

昼間見たとき開花率が低かった九十九橋付近の桜も,やはり開花率が高くなっているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足羽神社 しだれ桜 (福井市)

日本さくら名所100選には,足羽川堤防桜並木と共にすぐ南に位置する足羽山公園も含めて選定されている。その足羽山公園内の足羽神社のしだれ桜も見頃となっているというので足を運んでみることにした。

Asuwa3

足羽山のふもとでもしだれ桜が目に止まった。安養寺というお寺の境内の桜だった。こちらはほぼ満開。見事な桜を愛でたあと足羽山へ登るのだが,この坂がまた急で息を切らせつつ何とか登りきった。

目指す足羽神社の場所が良く分からす,うろうろしてしまった。おかげで足羽山各所の桜を見ることができた。山全体で4000本もの桜があるそうだが,押しなべるとまだ3分咲きといったところだろうか。

Asuwa4

ようやく足羽神社に辿り着くと,こちらのしだれ桜も見事に咲いていた。

Asuwa5 満開はもう少し先のようだが,枝振りといい美しい。

この桜は,明治33年(1900)の橋南の大火や昭和20年の福井空襲などのために一時樹勢が衰えたそうだが,とてもそんなようには見えない。

これからも美しく咲いてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足羽川堤防桜並木 (福井市)

福井での野暮用も午前中で終わり,かみさんと花見にくりだすことにした。駅前の西武の地下でお弁当やらお惣菜やら買いこんで,足羽(あすわ)川堤防の桜並木へ向かった。ここは「日本さくら名所100選」にも選ばれたお花見スポットであり,約600本が堤防に植えられ約2.2kmの桜のトンネルを作っている。

Asuwa1

桜は堤防の両岸に植えられているが,日当たりのせいか右岸(北側)の方が開花率が高く7分咲きとなっている。上の画像は桜橋からみて左岸東側の桜だが5・6分咲きといったところだろうか。同じ左岸(南側)の桜でも,東の方が開花率は高いようだ。

Asuwa2

桜並木の西は九十九橋あたりまで続いているが,このあたりの桜(上画像)は5分咲きにもとどかないようだ。しかしこの付近のおまつり広場では屋台も並んでいることもあって,このあたりの人出が一番多いようだ。我々もシートを広げてお弁当を頂く。風もなく快適なお花見となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

ハナモモ

名古屋では各所の桜も満開となったようだ。桜ではないが,この時期に満開となる木が名古屋大須の裏門前公園にある。

Hanamomo1

公園の北西角にポツンと植えられているのだが,この時期だけは人目を大いに引く。銘板には,「しだれはなもも三色八重咲」となっている。普通は一種類の花だけつけそうなものだが,これは白色(斑入り)・桃色・紅色の三種類が競うように咲いている。

Hanamomo2

生物学的にはキメラ状態なわけだが,年によって三種類の花の割合が変化するらしい。この木のことは以前から知っていたが,花の割合までは気にしていなかった。今年は白が優勢と言ったところだろうか。

紅白の花が勢力を競うというところから,この品種を「源平しだれ」・「源平咲」などと呼ぶのは面白い。

この公園から東150mのところにある三輪神社にも,同じ品種のハナモモが咲いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

何のサナギ?

白川郷で雪道を走ったり,名古屋でも12月18日に久しぶりの積雪となったり,今年の冬は結構スタッドレスのお世話になった。そのスタッドレスも今年はもうお役御免だろうと,夏タイヤに交換した。

Sanagi 車は月極駐車場においてあるのだが,隣の駐車スペースを見ると車止めに緑色の塊がついている。よく見るとサナギのようだ。

成虫ならおおよそ区別も付く。チョウまたはガのサナギには間違いないと思うが,サナギの状態ではさっぱり分からない。

しばらく注意して観察してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)