« 落雷で通信ボード不具合 | トップページ | 地デジアンテナ取り付け »

2008年9月10日 (水)

落雷で通信ボード不具合 2

落雷被害の復旧作業を進めたが、結局一部機器が間に合わず完全復旧にはいたらなかった。といっても実運用は出来るレベルへ戻すことはできたので、まずまず。

先日、交換LSIチップが見つからず修理を見送った通信ボードだが、互換チップがようやく1つだけ見つかり、早速交換してみた。

問題のチップは82C51A、スタンダードなシリアルインターフェイスLSIだ。不具合の生じた通信ボード(CONTEC SIO-2PS(98))にはSOPパッケージ品が使われている。DIPパッケージなら容易に入手できるが、SOPパッケージ品がみつからなかったのだ。

何とか互換性があると思われるNEC μPD71051GU-10を1個だけ入手した(日本語データシードでは82C51Aとの互換性について触れられていないが動作は同じ、英語データシートをみると置き換え可となっている)。
面実装なので面倒だ、というより滅多に面実装デバイスを使わないので慣れていないのだ。コツコツ作業で乗せ換えて、テストすると見事に正常動作させることができた。

制御システムの制作に関わって約20年ぐらいになるが、10年以上継続して動作しているものも少なくない。PC98のCバス用インターフェイスはもちろんだが、IBM-PCのISAバス用インターフェイスも不具合が発生したとき、代替品を入手するのは相当困難だろう。修理が必要だとしてもメーカーのサポートも終了していれば、今回のように自力で修理となるが部品入手まで困難となるとどうしようもない。致命的事態が起きる前にシステム更新を検討してもらえるといいのだが・・・。

追記
82C51AのSOPパッケージ品について、取引先からOKI製のものなら取り寄せ可との連絡があった。同様のトラブルだったら、もうしばらく対応できそうだ。

|

« 落雷で通信ボード不具合 | トップページ | 地デジアンテナ取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落雷で通信ボード不具合 2:

« 落雷で通信ボード不具合 | トップページ | 地デジアンテナ取り付け »