« 四季活魚の宿 紀伊の松島 (三重県紀北町) | トップページ | 落雷で通信ボード不具合 2 »

2008年9月 8日 (月)

落雷で通信ボード不具合

先月29日に東海地方でも集中豪雨があり、とくに岡崎市では被害が大きかった。

このような夏の豪雨があると気がかりになるのは春日井市の落雷被害だ。
春日井市のとある施設で磁気カードを利用した駐車場の管理制御システムを10年前に製作した。3ヶ所に分散しているゲートを制御する各PCと建屋内の管理PCと構内電話線で繋ぎデータ共有するシステムだが、ゲート側は実質屋外設置なので大きな落雷があると不具合が起きる。
毎夏1回は使用不可の事態が発生するのだが、磁気カードリーダーが障害を受けるのはもちろんだが、それと接続されているPC側の通信ポートもダメージを受ける。これまでは予備品との交換などで凌いで来たが、通信ボードの予備品もなくなっていた。
このシステムはNECのPC98シリーズを使用したもので、PC本体が生産中止品なので通信ボードのメーカーもPC98対応品を廃番にしていたのだ。

やむを得ず、自らボード修理することにした。修理するのは通信ボード5枚(以前不具合があって廃棄寸前のものが2枚あったのでこれも修理して予備品とする)。ただ今回の落雷は相当大きなものだったらしくパラレルボードまでダメージを受けており、合わせて10枚分の修理となった。

Siopd1
チェック中の通信ボード。
調べてみるとダメージを受けていたのは、通信ボードもパラレルボードも出力側だけだった。どうやら最終段のチップ交換だけで何とかなりそうだ。

Siopd2
通信ボードでは左上と右下のラインドライバ(SN75174)を交換した。今後のこともあるので、ソケットを付けて随時交換可能にしておいた。

修理後のテストでは1枚の通信ボードを除き正常動作するようになった。問題の通信ボードの片チャンネルだけ送信ができなかった(受信は正常にできる)。さらに調べて見ると、ラインドライバまで送信信号が届いていない。
Siopd3
送信信号はこのLSIから出力されるのだが、オシロで見てもTx端子はLowレベルのままで変化しない。どうやら落雷時のパルスがラインドライバを突き抜けて、このLSIまで達していたのではないだろうか。
それじゃあこれも交換しようと、大須のパーツ屋を廻ってみたが見つからない。スタンダードなLSIで、昔は一般的に使用されていたと思うのだが・・・。ネット通販でも見つけられず今のところこのボードについては手詰まり状態だ。

とは言え復旧に必要なボードは用意できたし、その他の交換機器も10日には揃うらしい。クライアントの復旧希望期限(13日)には間に合いそうだ。10日の設置復旧作業が無事に進むことを祈りたい。

|

« 四季活魚の宿 紀伊の松島 (三重県紀北町) | トップページ | 落雷で通信ボード不具合 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落雷で通信ボード不具合:

« 四季活魚の宿 紀伊の松島 (三重県紀北町) | トップページ | 落雷で通信ボード不具合 2 »