« ねんりん家 バームクーヘン | トップページ | Nikon D90 発表 »

2008年8月10日 (日)

ねんりん家 バームクーヘン その2

Nenrin1 東京土産となった「ねんりん家」のバームクーヘンをデザートに頂くことにした。

当日は18時ごろ大丸東京店に到着したのだが、行列にたじろいだ。並ぶのは苦手だ。それでも割りと流れはよさそうだったので、覚悟を決めて最後尾に並んだ。待つこと25分、やっと私の番だ。

商品は普通によくあるストレートバームと表面に凹凸のあるマウントバームの2種類(詳しくはHPで)。サイズは様々あるが、今回は「マウントバーム しっかり芽 1本入(735円)」を購入した。かみさんとなら食べきりサイズだろう。

Nenrin2
ホールを6分の1カットしたもので、長さは18cmぐらいある。
Nenrin3
断面はこんな感じ。

表面はサクサク感があるが、中はしっとりのバームクーヘン。
卵や乳成分をふんだんに使っている味わい。かみさんは満足のようだが、私には少々くどいと感じられた。それを高級感というのかも知れないが、私の口にはパスコ(敷島製パン)の扇バウムの方が合っている。

|

« ねんりん家 バームクーヘン | トップページ | Nikon D90 発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねんりん家 バームクーヘン その2:

« ねんりん家 バームクーヘン | トップページ | Nikon D90 発表 »