« 倉真温泉 翆月 (静岡県掛川市) | トップページ | 九州郷土料理 蕨 (福岡市) »

2008年7月27日 (日)

掛川花鳥園

掛川花鳥園に行こうと思ったのは,アフリカオオコノハズクのポポちゃんを見たかったからだ。アフリカオオコノハズクは警戒や威嚇の際に形態を変化させる(参照サイト)。そのシーンが実際に見られれば良いのだが,ストレスを与えることになるのでそれは期待しない。
Kacyoen1

こちらがポポちゃん。
今日は眠たいみたいで,ずっと薄目だった。

HPを見てもらえば分かるが,こちらでは自由にえさを与えたりすることができる。また決まった時間にフクロウと写真を撮ったりすることができる。また先着順だがペンギンとの2ショットも撮ることができる。

以前長崎ペンギン水族館でペンギンタッチしたことはあったが,こちらではフクロウに初めて触ることができた。思った以上の感触で絹のようだったのが印象的。

そんなイベントに次々参加していると結構忙しい。

Kacyoen2
炎天下であったが,鷹匠ショーは良かった。このときはベンガルワシミミズクとハリスホークのショーだった。フクロウの仲間が音もなく飛ぶとは聞いていたが,本当に羽音もなく飛ぶのはちょっと感動。
フクロウはわりとゆったり飛ぶので何とか撮影できたが,タカは飛行速度が予想以上に速いうえにかなり近いところ飛んでくれるのでカメラが追いつかない。最大の失敗はモーター内臓のレンズを持って行かなかったこと。フォーカシングが追いつかないのだ。カメラボディ(NikonD70)の応答速度も一因と言える。やはりそろそろカメラボディの更新を考えなければいけないのかも・・・。
鷹匠ショーは回ごとに登場するワシタカ類が変わるようだ。この日2回目のショーではワシが登場するらしかったが,暑さと忙しさに疲れてしまった。もう少し涼しくなってからまた行こうと思っている。

|

« 倉真温泉 翆月 (静岡県掛川市) | トップページ | 九州郷土料理 蕨 (福岡市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掛川花鳥園:

« 倉真温泉 翆月 (静岡県掛川市) | トップページ | 九州郷土料理 蕨 (福岡市) »