« あやまる岬 (奄美大島) | トップページ | わっぜえか丼 (ピザハウス コックピット) »

2008年4月19日 (土)

ミキ その2

ついにミキを飲むことができた。

奄美空港の搭乗待合室の売店を物色していると,柱に手書きで「みき 200円」の文字を発見!! 昨日から探していた「ミキ」に違いない。焼酎一杯300円と比べて高い気もするが,このチャンスを逃すと来年まで口に出来ないかもしれない。早速注文すると,紙パック入りのミキを紙コップに注いでくれた。色こそ真っ白だが,ドロリとした感じは昨日飲んだ「黒糖玄米乳」と同じだ。

ひと口飲んでみるとやや酸味がある。この酸味は乳酸発酵によるものだろうか,カルピスの酸味に近い。その酸味を除けば,予想通り「ういろう」の「しろ」に近い。もし「カルピスういろう」があったとしたら,こんな味になるのだろう。

「黒糖玄米乳」よりも口当たりはいいし飲みやすい。ただ飲み物として考えるとカロリーは高そうだ。食欲がないときに飲みたくなるような気がする。

|

« あやまる岬 (奄美大島) | トップページ | わっぜえか丼 (ピザハウス コックピット) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミキ その2:

« あやまる岬 (奄美大島) | トップページ | わっぜえか丼 (ピザハウス コックピット) »