« 足羽川堤防桜並木 ライトアップ (福井市) | トップページ | ヨコハマタイヤ DNA Earth-1 その3 »

2008年4月 6日 (日)

とんかつ味処 くら (福井市)

かみさんの仕事の都合で,遅くとも15時には名古屋へ戻らなければならない。逆算すると12時ぐらいには北陸道に乗らなければならないだろう。そうなると昼ご飯はサービスエリアでとなるのだろうが,それも少々味気ない。せっかく福井に来たのだから名物「ソースカツ丼」を食べて帰りたい。そのために朝食を抜いて福井インターへ向かう途中で「とんかつ味処 くら」へ立ち寄ることにした。

Kura1 時間に少し余裕があったので,福井県庁(福井城跡)に立ち寄った。一部だが石垣の上に上ることができるようになっており,そこからの眺めも見事。

こちらの桜はほぼ満開で,まさに見頃と言ってよい。そういえば朝ホテルから眺めてみると,足羽川堤防の桜も開花率が高くなっていたようだ。1日の違いで大きく変化するものだ。

さて「くら」に着いたのは11時過ぎで,お客は我々だけだった。階段を登ると,「3・4月の日祝日は天元豚の「ロースかつ定食(2000円)」が1700円で提供」とチラシが貼ってあった。天元豚は山形のブランド豚らしい。かみさんはこちらをオーダーした。味付け海苔も付いている。

Kura3

Kura4

平均すると1.5cmぐらいの厚みがあるが,柔らかくて脂身にも甘みがある。

こちらはソースカツ丼用のソースとケチャップを合わせたと思われるソースか,モンゴルの天然塩をつけて頂く。肉質が良いので塩の方が肉の味が楽しめる。名古屋の味噌ソースと同じように,地元の人たちはソースでないと食べた気がしないのだろう。その気持ち良く分かるぁ・・・。

Kura2

私はお目当てのソースカツ丼,もちろんロース肉を使った「カツ丼定食(990円)」をオーダー。この定食には日替わりの小鉢が付き,今日は「たたきごぼう」。ご飯のお代わりは2杯まで(多分普通盛りの2杯分)できるということだが,はじめから大盛にしてもらった(この場合のお代わりは1杯まで,といってもそこまでは食べられそうにない)。

山盛りとなったご飯のにはソースがかけられており,その上にソースをくぐらせた大きなカツ(3~4mmぐらいの厚み)が乗っている。うっかりするとカツがご飯の山から滑り落ちてしまいそうなので,カツは蓋に退避させた方が賢明だろう。ソースは結構スパイシーで,ソースだけでもご飯がすすむ。ご飯をお代わりしたくなるのは当然かも。

福井のソースカツ丼には幾つかの系列があって,元祖でもある「ヨーロッパ軒」と「くら」は系列を異にするらしい。またトンカツではなく,私の好きなメンチカツを使った「パリ丼」なるものも存在するという。またいつの日か福井に行きたい!!

|

« 足羽川堤防桜並木 ライトアップ (福井市) | トップページ | ヨコハマタイヤ DNA Earth-1 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とんかつ味処 くら (福井市):

» 消費者を誤認させる塩の表示(自然塩・自然海塩・天然塩) [うず塩ブログ]
塩にはしばしば「自然」「天然」という言葉が使われることがあります。 「自然塩」「天然塩」「自然海塩」などがその例となりますが、 ・東京都の指針によれば こういった「自然」・「天然」という用語をしないよう示しています。 http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRAS... [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 08時04分

« 足羽川堤防桜並木 ライトアップ (福井市) | トップページ | ヨコハマタイヤ DNA Earth-1 その3 »