« とんかつ味処 くら (福井市) | トップページ | 何のサナギ? その2 »

2008年4月 6日 (日)

ヨコハマタイヤ DNA Earth-1 その3

名古屋と福井の往復で334kmを走行した。タイヤを「DNA Earth-1」に交換してから初めて高速道を利用した。高速道でもロードノイズは明らかに小さくなっている。世間にはもっとロードノイズが小さいタイヤもあるだろうが,十分に満足できるレベルである。これまでなら高速に入るとオーディオのボリュームを1~2段高くしていたが,その必要はまったくなかった。道中少々荒っぽいレーンチェンジなど試みてみたが(もちろん前後に走行車両がないことを確認して),当然何ら問題はない。これまで「ASPEC A200」で気がかりだった神経質な直進性も改善され不安も薄らいだ。むしろこれが普通のレベルなのだろう。少なくとも三菱グランティスと「ASPEC A300」の相性は悪いと断言できる。

帰宅前に給油し燃費を計算したところ,約12km/lとなった。以前はほぼ同じシチュエーションで11km/lを超えたことはなかったので,少なく見積もっても10%程度の改善が見られるようだ。

|

« とんかつ味処 くら (福井市) | トップページ | 何のサナギ? その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマタイヤ DNA Earth-1 その3:

« とんかつ味処 くら (福井市) | トップページ | 何のサナギ? その2 »