« 関門トンネル | トップページ | 博多焼きラーメンロール »

2008年3月15日 (土)

もつ鍋あんざ (福岡市博多区)

内臓系がやや苦手なかみさんがもつ鍋を食べてみたいと最近言い出していた。せっかく福岡に来ているので今晩はもつ鍋を食べることにする。あらかじめホテルの近くでもつ鍋のお店を探して,有名店を含めて幾つかリストアップしておいた。そのとき気が付いたのが大抵の店がサイドメニューを多くもたないことだ。もつ鍋に特化したメニューになっている。あれやこれやと味わいたい私たち向きには思えない。かと言って居酒屋メニューのもつ鍋では福岡へ来た甲斐がない。いろいろ検討してサイドメニューが比較的多い「もつ鍋あんざ」へ向かうことにした。

開店時間に合わせて入ったが,店内は落ち着いた雰囲気。6時を過ぎるとお客さんも増えてくるが,年齢層も高めなようだ。

Anza1 まずは「酢もつ」。脂っぽいものかと思ったが,実にさっぱりした味わい。沖縄料理の「ミミガー」と同じく食感を楽しむ料理だ。

その他,アボガドとトマトのサラダ・焼きぎょうざ・よもぎどうふ・角煮・ネバとろ4種和えなど頂く。

Anza2結構かみさんが気に入った「丸腸ともやしのガーリックソルト炒め」。

酢もつとは正反対に,もつの脂を味わう一品だった。

Anza3

最後はお目当ての「もつ鍋」(画像は2人前)。しょうゆ・味噌・辛味噌の3つの味が選べるが,一番出ると言うしょうゆ味をチョイス。〆にはちゃんぽん。

確かに期待したとおりの美味しさではある。満足したが・・・,福岡には美味しいものが他にもたくさんある。普段からそういった美味しいものを食べている福岡人がたまに食べるならともかく,他所から観光で訪れてあえてチョイスするのはもったいない気がした。

|

« 関門トンネル | トップページ | 博多焼きラーメンロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もつ鍋あんざ (福岡市博多区):

« 関門トンネル | トップページ | 博多焼きラーメンロール »