« 魚処やつはし 富山市 | トップページ | マンホール(岐阜県白川村) »

2008年1月31日 (木)

氷見魚市場食堂 海寶

ホテルをチェックアウトして帰るだけだが,氷見に立ち寄って昼ご飯を食べていこうということになった。とりあえず氷見フィッシャーマンズワーフの海鮮館を目指したが,その手前で「市場食堂 海寶」の看板が目に留まった。場所が良く分からなくて,うろうろしていると魚河岸の建物に看板が見つかった。どうやらこの2階にあるらしい。少し薄暗い階段を登っていくと目立たない引き戸ある。これが入り口らしい。入り口を入ると店内は広くてきれいだった。

Kaihou1

私が注文したのは,「中船定食(1800円)」。刺盛り(小さくて分かりにくいが,小鯛の姿造りがのっている)と焼き魚(ガンド=ブリの子供)に,かぶす汁(小さな魚を丸ごと煮込んだ味噌汁といったところかな)が並んでいる。

Kaihou2

かみさんは「ぶり定食(2500円)」

Kaihou3

「ぶり定食」と「中船定食」は刺身が違うだけのようだ。

「ぶり定食」の刺身はブリ尽くしの盛り。普通に食べれば相当に美味いと思うのだが,昨日「やつはし」で頂いたものに比べると今一つの感は否めない。

順番を逆にすればよかったかな。

|

« 魚処やつはし 富山市 | トップページ | マンホール(岐阜県白川村) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷見魚市場食堂 海寶:

« 魚処やつはし 富山市 | トップページ | マンホール(岐阜県白川村) »