« 美山バルバリー (岐阜県山県市) | トップページ | 北京ダック 大鴨梨 再び »

2007年7月23日 (月)

吉野家の弁当 in 北京

昨日から3日間の北京出張。昨年末に続いて2回目だが,夜便到着・朝便出発なので北京にいるのは実質やはり今日1日だけ。

午前中の予定を終え,先方に用意していただいた昼食が,「吉野家の持ち帰り弁当」だった!!

Yoshinoyap1

見慣れないパッケージに??だったが,箸袋を見て気が付いた。吉野家=牛丼,中国にも進出していたのか。

Yoshinoyap2

ふたを開けると,意外なトッピング。日本では見たことがないメニューだ。カリフラワー・ブロッコリー・ニンジンといった野菜(ボイルしてある)を挟んで牛肉と鶏肉(中国では双宝飯というらしい)。牛肉部分は日本とほぼ同じだがタマネギが少ない。鶏肉はいわゆる照り焼きチキン風だった。箸の長さと比較してもらえば分かると思うが,結構なボリュームがある。日本の並盛り1.5~2人前ぐらいはあるのではなかろうか。

気になるお味の方だが,牛丼部分しか日本と比較できないが,タマネギが少ないこともあるのかやや甘味が弱いような気がする。牛肉とお米は少しパサついている気がするが,許容範囲だと思うし,日本と同じと思っていいだろう。

正直,ちょっとうれしかった。

|

« 美山バルバリー (岐阜県山県市) | トップページ | 北京ダック 大鴨梨 再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野家の弁当 in 北京:

« 美山バルバリー (岐阜県山県市) | トップページ | 北京ダック 大鴨梨 再び »