« 情報処理技術者試験(結果) | トップページ | バーバーズダイニング(岐阜県中津川市) »

2007年6月21日 (木)

中仙道広重美術館(岐阜県恵那市)

今日は岐阜県恵那市にある中山道広重美術館へ行った。

この美術館は,歌川広重(安藤広重)の「木曽海道六拾九次之内」、「東海道五十三次之内(行書東海道)」などを所蔵するが,中でも広重と国芳の合作となる「木曽街道六十九次之内」がすべて揃っていることで知られている。

今日から,企画展「三つの東海道―保永堂版・行書版・竪絵東海道―」の第三期で縦構図である竪絵東海道が展示され,これが目当ての訪問であった。本物を一つも欠けることなく,一堂に見られるのは貴重である。

この美術館のもう1つのお楽しみは,「重ね摺り体験コーナー」である。「木曽街道六十九次之内」の大井(美術館そばの宿場町)または中津川の5色摺りが体験できる。スタンプインクを使用するもので簡単そうに見えるが,色ずれさせないためには結構集中力が必要になる。人気コーナーなので人手が多いと大混雑らしいが,平日の開館間もないころに伺ったことが幸いし,かみさんと貸切状態で楽しむことができた。

その「木曽街道六十九次之内」だが,今年は9月6日から公開の予定とのこと。この地方の名産「栗きんとん」が美味しくなるのを待って出かけることにしよう。

|

« 情報処理技術者試験(結果) | トップページ | バーバーズダイニング(岐阜県中津川市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中仙道広重美術館(岐阜県恵那市):

« 情報処理技術者試験(結果) | トップページ | バーバーズダイニング(岐阜県中津川市) »