« マンホール(南阿蘇村) | トップページ | 純生 阿蘇 »

2006年12月11日 (月)

高森 田楽の里

日奈久から阿蘇へ向かい,今日のランチは高森町にある「高森 田楽の里」。この近くでは地鶏で有名な「らくだ山」もあるが,田楽や赤牛も食べたいというカミサンのリクエストもありここに決めた。

Dgs_main

お店についたのは12時半ごろだったが,平日だから混んではいないと踏んでいた。が,正面玄関を入ると4・5組10人ほどが待たれていた。

Dgs_warabi お店の方も予想外だったようで,急遽お店の奥にある「わらび亭」を準備し,本日はここで料理をいただくことになった。

いろりを囲んで,炭火で焼きながら食べるスタイル。早速,地鶏と田楽がいただける「山里定食」と赤牛が楽しめる「肥後の赤牛耕焼定食」を注文する。

平日にこれほど混雑することはないようで,人手が少なく炭を熾したり,料理を用意したりなどお店の方も半分パニック状態だった。我々のところにも,注文したものがちっとも出てこないなど,イライラさせられたことは否定しない。

Dgs_zensai_2 食事のお供は,「かっぽ酒」  。お酒は,地酒「れいざん」だった。かっぽ酒は,高千穂で飲んで以来2回目だ。

それぞれの定食には,「厚揚げ」と前菜のかご盛りが付いている。

前菜は,とろろ・白和え・刺身コンニャクなど。

Dgs_yamazato 山里定食の田楽と地鶏。付いてくる田楽は,ヤマメ・豆腐・つるのこいも。

撮影用に田楽の串を立てているが,炭火の輻射熱は炭の横方向の方へ強く出ているようなので,串をもっと寝かせた方がよく焼ける。

ヤマメは塩焼きだが、豆腐とつるのこいもは両面を良く焼いてから味噌を付け焼きする。

Dgs_akaushi 赤牛の定食の牛肉。

Dgs_shime

最後に,きびご飯・香の物・だご汁が出てくる。満腹,満腹。イライラさせられたところもあったが,満足したので良しとしよう。時計を見ると,2時をまわっていた。結構ゆっくりできた。このぐらいの時間を見込んでおかないと,ここでの食事は楽しめない。田楽というものはそういうものなんだな。

最初は食事後,近くの月廻り温泉へ立ち寄るつもりだったが,旅館のチェックイン時間も近かったので,併設している喫茶コーナー「かざ車」でコーヒーを頂いてから旅館へ向かうことにした。

|

« マンホール(南阿蘇村) | トップページ | 純生 阿蘇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高森 田楽の里:

« マンホール(南阿蘇村) | トップページ | 純生 阿蘇 »